映画なまもの

映画のこと、日々のことを書きます。

【2D・3D・4D】スターウォーズ フォースの覚醒【オススメのミカタ】

f:id:mongorichop:20160105190020j:plain

絶賛公開中のスターウォーズ フォースの覚醒!

未だにいい時間帯の公開に関しては、チケットが取りづらいほど

大人気なのは言わずもがなですが、

まだ観てない方、もう観たけどもう一回観たい!

という方もいるのではないでしょうか。

 

でも最近では2D、3D、そして4Dと

ひとつの映画なのに多様な観方がありますね。

 

そこで「スターウォーズを見るのには何が一番オススメなの?」

という疑問をお持ちの方のために

私がスターウォーズ フォースの覚醒を劇場で3回鑑賞し、

独断と偏見で、それぞれの上映の特徴と

オススメをまとめてみましたので、ご覧ください。

 

*なお、全てTOHOシネマズの劇場で鑑賞し、比較しております。

 

 

 

 

 

【2D】

 

私が思う2D上映のメリットは下記です。

 

画面が明るい

・はっきりした映像

・料金が安い

 

2D上映はもっともスタンダードで親しみがある見方ですが

3Dや4D上映に関すると”普通のミカタ”というイメージがあり

見劣りすると考えている人もいるのではないでしょうか。

 

しかしながら、3D上映方法の都合上、

目に入る光量は3D映像より2D映像の方が多いです。

(3Dメガネは一部の光を遮る構造になっているため)

 

そのため、2D映像の方が

全体的に明るい映像を楽しむことができます

 

また、3D映像はどうしても3D加工が強く出ている部分と

そうでない部分がはっきりしていたり、

ちょっとボヤけて見える場合がございますが、

2D映像はそういった映像の差異が無い分、

細かい部分まで、くっきりとした映像で楽しむことができます。

 

スターウォーズという映画の特性上、

画面上の細かい部分(キャラクターや世界観を表す情景)、

画面の広がり(宇宙空間)を十分に楽しもうと考えた場合、

こういった明るさ、くっきりとした映像は重要になると

思います。

 

あと他の上映方法と比べた時に料金が安いのも

大きな魅力ですね。

 

 

【3D】

 

私が思う3D上映のメリットは下記です。

 

奥行きのある映像

迫力のある映像

 

3D映像の一番の魅力は、奥行きのある映像だと思います。

常に画面の奥に空間の広がりを感じることができますので

映像がよりリアルな情景を持って、視聴することができます。

また、画面の手前に映像が飛び出してくるような

迫力ある演出も魅力です。

 

今回のスターウォーズ フォースの覚醒に関しては

全体的にセットでの撮影が多く、CGを極力抑えているせいか

3Dを感じられる映像があまり多くなかったように思います。

アバタートランスフォーマーと比べると少ない)

 

しかしながら、もちろん画面から映像が飛び出すような演出もございます。

まさしくフォース!を感じられる演出でしたので、

こういった3Dでしかできない映像体験を得るのも

大きな魅力ではあると思います。

 

【4D】

 

私が思う4D上映のメリットは下記です。

 

2Dや3Dとは全く違った映像体験

今しか体験できない映像体験

 

4D上映に関しては別の記事にまとめておりますので

詳しくはそちらをご覧ください。

 

mongorichop.hatenablog.com

 

4D映像に関しては、前述の2つとは全く別の映像体験になり

比較することが難しいと考えています。

 

スクリーンの外からのストロボライトの照射、雨、風

スクリーンを覆うほどのスモーク、動く・揺れる・振動する座席と

他の上映方法には無い魅力が沢山あります。

 

また、これらは家庭のホームシアターでは再現出来ないもので

ありますので、今、劇場で体験する価値は十分にあります。

 

今回のスターウォーズでもその機能は十分に発揮され、

憧れの宇宙船に乗ってハイパードライブでワープシーンなどを

十分に楽しめると思います。

 

しかしながら、至極個人的な感想を言わせてもらうと

(僕の期待が大き過ぎたところもありますが)

フォースの覚醒に関しては4D上映は合ってなかったと思います...

現在の4D技術では宇宙の無重力感やブラスターの弾丸など、

実態を持たないものは再現しきれておらず、

フォースの演出が座席からの風で再現しておりましたが

フォースって風なの?」と疑問に思ってしまうところがあり

スッと感情移入出来なかったです。

 

臨場感が一番ある上映方法であるとは思いますが、

ジュラシックワールドやマッドマックスなど

重量感や地面を駆けるような映像があるものの方が

4Dには向いてるように思いました。

 

 

【オススメのミカタ】

 

結論ですが、僕が一番楽しめたミカタは2Dでの上映です。

ひとつひとつのシーンを丁寧に、かつしっかりと見たい方は

明るさや映像美、また特撮の細やかを楽しめる2Dがオススメです。

 

 

3Dや4Dも勿論、面白いのですが、最初に見る方も

比較的落ち着いて、ストーリーをしっかりと楽しめる2Dで

まずご覧になった後、3Dや4Dで見直してもいいかもです。

 

最後に逃げみたいになってしまいますが、

 

 

 

 

スターウォーズはどの観方で観ても

何回観ても、面白かったです!

 

 

 

 

この時代に生きれたことに感謝です。

 

ありがとうございました。