映画なまもの

映画のこと、日々のことを書きます。

【宇多丸】タマフル映画祭2016 行ってきた【ムービーウォッチメン】

全国の映画館では今も毎週、新作映画が公開されている──. それではいったい、誰が映画を見張るのか? 誰が映画をウォッチするのか? "映画ウォッチ超人"シネマンディアス宇多丸が、今立ち上がる!!!

 

でお馴染みの

TBSラジオ 毎週土曜日夜10時から2時間生放送でお送りしている
『ライムスター宇多丸のウィークエンドシャッフル』の番組企画

 

タマフル映画祭2016に行ってまいりました

 

f:id:mongorichop:20160411215026j:plain

 

 

 

映画超人シネマンディアスこと、

番組パーソナリティの宇多丸さんが

映画評論をしている「週刊映画時評ムービーウォッチメン」の派生企画で

宇多丸さんとその他出演者の方のトークショーを挟みつつ

深夜24時から29時までぶっ通しで映画を見続けるこのイベント。

 

僕は宇多丸さんのラジオを毎週「面白いなー」と思って聞いていまいしたが

宇多丸さんのハゲサングラス姿を生で見たい!」と思い立ち、

いてもたってもいられず、飛び込んで参りました。

 

深夜12時ちょうどくらいに

バルト9のシアター8に到着し、着席。

普段とは違いスクリーンの前に椅子が4つ。

 

f:id:mongorichop:20160411230624j:plain

 

その後、会場が暗転し、

ムービーウォッチメンお馴染みのフレーズから

宇多丸さん、番組構成作家古川耕さん

三宅隆太監督、初代しまおまほ(かわいい)

が登場!

 

軽快なオープニングトークから流れるように1本目の映画

復讐捜査線」の話へ

 

当時の日本の状況と

今作のテーマの偶然を話したところで、いざ上映。

 

ちなみに映画は、出演者も一緒に鑑賞します。

宇多丸さんも映画を見るために、サングラスからメガネに掛け直しますので

その時に素顔が見れます。

とても優しそうなお顔でした(^^)

 

↓一本目の作品「復讐捜査線

復讐捜査線 Blu-ray

復讐捜査線 Blu-ray

 

 

この作品は初見でしたが

力強いストーリーに圧倒されました。

スクリプトドクターの三宅さんが選んだ!

という先入観もあるかもしれないですが

話の運び方がめちゃくちゃ上手い。

 

簡単に言うと、

 

ジンジャエール大好きなお父さんが

敵の親玉に牛乳ブッカケる話

 

なんですが、作中の事件が起きる間や

アクションシーンが差し込まれるタイミングが絶妙で

そんなゴリゴリのアクション映画ではないんですが

常に画面の中に緊張感が漂っていて

最後までドキドキしながら最高に楽しめました!

 

この作品はマジでオススメです!

B級映画じゃないです!)

 

復讐捜査線」鑑賞後、15分の休憩を挟み、再びトークショー

三宅さんから力強いストーリーで語る作品であることの説明。

近年の足し算映画(色々な要素を盛り込む)のではなく、

一本のコンセプトをしっかりと押し切る作品であるという

ありがたいお話をいただきました。

(ここら辺の話は4月9日の宇多丸さんのBVS評にも出てましたね)

 

そして、そのまま2本目の映画

「天使の処刑人 バイオレット&デイジー」へ

 

 

ハイセンス!

主役の二人がまぁカワイイので、頑張れましたが深夜3時からの

この映画はなかなか厳しかったです。

 

ストーリーを説明してと言われると

難しいというか、全体的につかみどころが無い作品です。

 

観覧後、三宅さんがトークショーの中で

テーマが強く押し出された「復讐捜査線」と対比して

「観る度に感想が変わる映画」であるとおっしゃっておりました。

何度も見て、自分の中で解釈を考えるという楽しみがある映画だと思います。

 

そして、すべてのプログラムが終わり、

朝5時に解散!

 

眠くもありましたが、

いろんな人と同じ映画を、観る時間を、感想を、

その場、その時で共有して、笑う!といった

野外楽フェスのようなイヴ感

を味わう事ができて大満足でした!

屋内だし、声を出して騒ぐ事も全くございませんが

脳内イメージでそんな感じでした

 

オールはなかなか厳しいですが、楽しかったので

また来年も行きたいです!

 

ちなみに、今回上映した2作品は

今週4月14日まで、バルト9で

レイトショー/ミッドナイト上映されるそうです!

 

復讐捜査線」はシネスコのおっきいスクリーンで

観るとめちゃくちゃ迫力があるので

もしお時間あれば、是非是非!

 

それでは、ありがとうございました!