映画なまもの

映画のこと、日々のことを書きます。

【映画】ゴッホ〜最期の手紙〜【感想】

f:id:mongorichop:20180128141806p:plain

 

素晴らしい試み

まず、素晴らしい試み味だと思いました!

一度撮影した映像を油絵で書き直し、アニメーションにしている。"油絵が動く"というのは初めてだったので、衝撃だった。また、ゴッホの特徴のひとつである点描技法に独特のタッチを加えた作風が、画面の中で"うねる"様子が面白かった。

 

映画を観なくても、是非、下記の予告編だけでも観てほしい!

 

www.youtube.com

 

 

 

 

あらすじと雑感

 

この作品はゴッホが残した最後の手紙をきっかけに、1人の若者がゴッホの死の理由に迫るというスートリーになっている。
若者はゴッホの死の直前に関わった人々との会話を通して、その謎を解明しようとするが、彼の死の真実にはなかなか到達することはできない。ほぼ作品すべてで、その謎めいた不穏な空気中を、観客は音楽とゴッホの絵で過ごす事になるが、観終わった時には、非常にスッキリと出来るような作りになっている。

 

油絵アニメといった特殊な表現方法だけに頼らず、サスペンス映画として、非常に面白かった。(ジャンルはドラマ/クライムという括りになっている)

 

作品にやや抑揚がなく、眠くなってしまうかもしれないので、鑑賞前のコンディションには注意したい。

 

この映画が事実かどうか、本当のところはわからないが、

僕はこの映画で、これまで以上にゴッホが好きになれました。

 

オススメです。