映画なまもの

映画のこと、カメラのこと、そして、日々のことを書きます。

【まとめ】4Dの映画とは?面白さ、価格、鑑賞する際の注意について

最近増えてきた4D映画。

好きな映画だったら、2Dで何度も観るのではなく、4Dや4Dといった違う見方で楽しむ方もいるのではないでしょうか。そこで、今回は4Dを体験したことない方、また、よく知らない方向けに、4D映画について調べ、自分の意見をまとめてみました。 

 

 

 

f:id:mongorichop:20160126235029j:plain

 

 

4D映画とは 

4D映画とは、上映される映画に合わせて、観賞者の感覚を刺激する様々な演出が働き、まるで映画の中にいるような体験ができる劇場設備です。観るのではなく、映画に合わせたシートの動きや、風、水しぶき、ストロボライト、スモークなど様々な演出を通し、映画を体感する新しい「アトラクション型の映画鑑賞設備」になります。

 

主な映画館からの説明は下記のようになっております。

 

それは、世界が認めた新しい映画館のカタチ

4DX®とは、3Dのその先「体感型(4D)」を演出するための最新劇場上映システム。座席が作品中のシーンと完璧にリンクし、前後上下左右へ稼働。また、風、水(ミスト)、香り、煙りなど、各種演出も体感できるアトラクション効果も搭載。また、4DX®専用作品ではなく一般公開されている映画作品で、4DX®の環境効果で体感できることも特徴。観客のあらゆる感覚を刺激する4DX®で、これまでに体験したことのない、映画の「新たな感動・すばらしさ」を体感してください。 引用:コロナワールド

 

映画のシーンに合わせて、客席のシートが前後、左右、上下に動くとともに、風、ミスト、香り、ストロボ、煙や振動など五感を刺激する特殊効果が11種あり、これらが連動することによって、通常のシアターでは決して味わえない「アトラクション型の映画鑑賞スタイル」を実現。 "MediaMation MX4D™”の登場によって、映画は「観る」から「体感する」に変わります。引用:TOHO CINEMAS

 

4D映画は劇場設備を指す言葉ですので、上映される映画自体が3D映画(3Dメガネを掛けて立体映像を楽しむ映画)、もしくは2D映画(通常の映画)の場合も、4D映画の設備の中で、上映されるのであれば、4D映画になります。

4D映画の種類

 

日本国内には4DX・MX4D・D-BOXの3種類の4D映画があります。

 

上映設備を作っている会社が違うので、呼び方が異なりますが、特徴として全て上映中のシーンに合わせた演出が行われるのは変わりません。

 

細かい違いは下記になります。

 

4DX

  •  ・シートが上下、左右、前後の傾き、振動する
  •  ・TICKLER(足元をくすぐる装置)
  •  ・エアー、ミスト、香り
  •  バブル、煙
  •  ・ストロボ、雪、嵐

MX4D

  •  ・ シートが上下、左右、前後の傾き、振動する
  •  ・ TICKLER(足元をくすぐる装置)
  •  ・ シート内側から尻と首元、背中へ突き上げ
  •  ・ エアー、ミスト、香り
  •  ・ 煙
  •  ・ ストロボ、雪、嵐

 D-BOX

  •  ・ シートの上下、左右前後の傾き、振動

 

D-BOXがシートの動きのみに特化してるのに対して、4DX・MX4Dは風や水など、シート以外の演出もできるようになっております。

現状では、バブルを除けば、2009年より韓国にて稼働した4DXよりも2012年にアメリカで稼働したMX4Dの方が、機能は多いです。シートの稼働箇所が多いので、より多彩な動きを楽しむことができます。

 

4D映画の料金

 

料金は下記になります。

  

【4DX】
通常鑑賞料金+4DX料金1,000

例:一般チケット1,800円+4DX料金1,000円 = 合計2,800円

 

【MX4D】
通常鑑賞料金+MX4D料金1,200

例:一般チケット1,800円+MX4D料金1,200円 = 合計3,000円
 

現状では、MX4Dの方が200円、値段が高いです。

この料金をベースとして、その他のオプションで料金が変わります。

 

例えば、3D映画の場合は、その分の料金が上乗せされます。

 

例:

チケット1,800円+MX4D 1,200円

+3D上映 300円+3Dメガネ代100円

= 合計3,400円

 

チケット代によって、全体の費用は変動するかと思いますが、

4D映画を観ようとすると3000円前後はかかってしまうのが現状です。

 

4D映画の注意

 

鑑賞制限

 

4D映画はその特徴から、下記の条件に当てはまる方は鑑賞できません。

 

  •  身長が100cm以下のお子様
  •  妊娠中の方
  •  体調のすぐれない方
  •  車いすをご利用の方
  •  心臓・背中・腰首に障がいのある方
  •  泥酔している方

 

飲食

4D映画では、上映中の飲食が可能です

ドリンクホルダーも席についているので、飲み物を置くことが出来ます。

ただ、上映中は激しく動くことが多いので、食べ物の持ち込みは個人的にはオススメしません。(ポップコーンを持ち込んだことがありましたが、大変でした...)

 

詳しくは各劇場の注意を、下のリンクよりご確認ください。

 

・ユナイテッド・シネマ|シネプレックス

 

・TOHOシネマズ

 

 

手荷物とロッカー

 

4D映画は、4DX・MX4Dともに、劇場内への手荷物の持ち込みを制限しています。

膝に乗らないような大きな手荷物は、事前にロッカーに預ける必要があります。

 

荷物を預けられるように映画館が、劇場前にロッカーを設けていることが多く、

鑑賞者は上映前に荷物を預けることが出来ます。

ロッカーを使用するには、100円玉が必要になるので、劇場に入る前に準備しておきましょう。

 

4D映画のメリット

映像世界を五感で体験

 

4D映画で観る大きな魅力は前述の通り、映画の世界を体験出来ることです。  

映画の中にあるワクワクやドキドキを視覚と聴覚だけでなく、全身で受け止めることが出来る上映ですのでまだ鑑賞した事が無い方は是非、一度体験していただくことをお勧めします。

 

今、劇場で観る楽しみ

 

4D映画は新しい映像体験を私たちに与えてくれた事に加えて、”今、劇場で観る楽しみ”という魅力を提供してくれたと思います。

 

そもそも映画館で観る行為が、大きなスクリーンと音で鑑賞するという、その上映期間でしか経験できない、特別な体験を買うという行為でしたが、4D映画はその特別性にさらに魅力を加えたと思います。

 

ホームシアターセットを充実させれば、大きなスクリーンと音を自宅で再現できますし、3Dで映画を鑑賞することも可能です。しかしながら、4D映画に関してはかなりの設備を投資しないと再現することは難しいです。

言い換えれば、4D映画は劇場に行かなければ出来ない映像体験を得ることができます。

 

雰囲気を変えて楽しめる

 

通常の視聴状況と大きく異なりますので、一度観た映画でも、新鮮な気持ちで楽しむ事ができます。自分が大好きな映画を何度も劇場で観るときは、4D映画で観ると、また一味違った良さが見えますし、気分も新しく楽しむ事ができます。

 

思い出に残る

 

4D映画で観ることによって、普通に映画を見るよりも強い演出がかかる為、「4D映画を観た」という事自体が思い出になる。友達や恋人、大切な人と、一緒に映画を見る際は4D映画で観ることもオススメです。

 

4D映画のデメリット

本来の映画の良さが削がれることも

 

通常の鑑賞より、座席が揺れたり、風や水しぶきが顔に向かって飛ぶことで、上映中に、画面外に意識が向いてしまうことがあります。

 

また、スモークや、バブルなどはスクリーンの手前に現れる為、スクリーンが隠れて、本来の映像がしっかりと見えない場合もあります。

 

こういった演出が4D映画の醍醐味ではありますが、本来の映画製作者が意図してない映像外の演出が好きではない人は、通常上映を観る方が良いかもしれません。

 

 

最後に

もしこれから楽しみにしている映画や、一度観た映画でもっと楽しみたい映画があれば、ちょっとお金はかかりますが、以前とは違った映像体験ができると思いますので、一度4Dで見てみることをお勧めします。

 

また、筆者は4DX、MX4Dのどちらも体験いたしましたが、両者の演出は一長一短であり、どちらが優れているかは個人の好みによるところが大きいと思います。個人の感想としては、4DXは、映像に対して外部効果(ストロボ・煙・水・バブル)などを沢山使って派手に演出するイメージ。MX4Dはシートの稼働が細やかで身体的な演出が豊かなイメージでした。

 

どちらも十分楽しめる上映だと思いますので、お近くの上映館にある設備の方で楽しんでいただくのが1番良いかと思います。